ESP32 を VSCode で使うときにはまった

概要

  • 基本的には、先駆者の方々の方法でいける
  • 設定をミスると何が起きるのか
    • そしてその解決方法

まず

  • Arduino を弄るのに VSCode が使えるようになっている
    • Intelli sense がきくらしく、とてもよさげ
    • 今のところ、 Arduino IDE を別途インストールする必要があるらしい。
      • (Store版じゃないやつでなくてはいけない)

ESP32 も対応しているのか?

  • 対応している。
    • 今までと同様に Arduino IDE で環境設定からjson ファイルを設定するらしい

relativelayout.hatenablog.com

今回、はまってしまったところ

  • VSCode 側で ESP32 Dev Module を設定した後に ESP32 を接続したら、異なるモジュールのパッケージが自動でダウンロードされて以下のエラーが出ていた
    • ヌルポ?
    • いろいろと検索してみるとパッケージの読み込みに失敗していそうだということが判明
java.lang.NullPointerException
    at processing.app.BaseNoGui.onBoardOrPortChange(BaseNoGui.java:679)
    at processing.app.Base.onBoardOrPortChange(Base.java:1313)
    at processing.app.Base.<init>(Base.java:276)
    at processing.app.Base.main(Base.java:145)
[Error] Exit with code=255

無事解決

github.com

  • 上記のリンクに解決方法がほとんど書いてあるんだけれど、 C:\Users\your_computer_name\AppData\Local\Arduino15 配下の package_index.jsonpackage_index.json.tmp の削除 (私は、それ以外の .json, .json.tmp も削除した) を行い、再度アップロードしたら解決した

最後に

  • Intelli sense めっちゃええやん!

さくらVPSに登録したドメインが解決できない

久しぶりにさくら VPS に登録したドメインが登録できていなくてつらいので記事を書いています。

調べてみると、ドメイン名解決の設定は、お名前ドットコムだけからでもできそうなことがわかったので、とりあえずお名前ドットコムだけで設定してみる

名前解決の登録は少し時間がかかるだろうからちょっと待つことにしますた... 明日また見てみよう

ドメイン名の設定にかかる時間は TTL で決まるみたいですが、 基本的には 86400秒=1日が設定されているみたいです 明日の深夜まで待たなきゃいけないのか....


  • 後日譚

以下のサイトを見て、気づいた。お名前ドットコムから届いてたメールに気づいた。

いや、ね、言い訳させてもらいますと、お名前ドットコムから届くメールってほとんどしょうもない広告メールなわけでこんな重要なメールが届くとは夢にも思わなかったです。

皆さんもお名前ドットコムの広告メールは止めた方がいいと思います!以上

teratail.com

VPS+お名前ドットコム

ただのログ記事

概要

さくらVPSSSLを使用したサイトを作りたかったので、ドメインを取得して(必要ない)、 let's encrypt で SSL を使用したサイトを作ろうと思い立って見たはいいもののドメインをさくらVPSに設定する方法がよくわかってなかったのでそのメモ

前提

さくらVPSで契約していること。お名前ドットコムでドメインを取得していること。

ドメイン名の設定

お名前ドットコムで取得したドメインをさくらVPSで使用する場合は、さくらVPS側でドメイン管理を行う必要があるようです。 具体的には、お名前ドットコムのネームサーバーをさくらVPSのネームサーバーに変更して、さくらVPSドメイン管理を行うようにする感じです。 まだよくわかっていないのですが、 ネームサーバーでの名前管理をさくら側に移譲 するような感じなのかなと思っています。 お名前ドットコムでの設定が終わったら、取得したドメイン名をさくらVPS新しいネームサーバーの登録 というところで登録すると、さくら側で Aレコードや CNAME などの通常の DNS の設定ができます。もちろん、お名前ドットコムの方でドメイン設定を行っても反映されません。 以上、割かし簡単にできましたが、 そのネットワーク関係の知識がないと、よくわかんないから1日くらいかかってしまいました。。。

まとめ

とにかく、DNSの設定を他のドメインサーバーからさくらVPSに移譲するような流れだと分かれば、きっとすぐに設定できたのにな...と思ったので一応記事にしておきました。

なんとなく、日記始める

なんとなく、日記を始めます。

最近、プログラミングをしていて、覚えきれなくなることが多くなってきた気がするので、メモしていくことにする。

ついでに英語のライティングの勉強になったらなと思い、英語も一緒に書くことができればいいかな?


なんか、でも、こうやって、外向けに記事を書く理由はあるのかと問われると、おそらくない。

けれど、なんだかんだ外向けに記事を書いた方が言葉が丁寧になる傾向がある気がするので、外向けに書くようにする。

ついでに書く英語は、あまり辞書を参考にせず書こうと思うので、あまり参考にはならないはず... と一応書いておく

プログラミングの話題 (MFC)

職場で C/C++ および Windows API を使用することが多くなるため、本格的に勉強したと思って、以前、Win 32 api の練習として、ブロック崩しを作った。

結果として、 Win32 API で今風ではないけれど、そこまで難しくなく作れることが判明した。

そこで、次に何を使ってみようかなと思ったところ、作成するアプリケーション的に MFC がよさそうだと感じたので、 MFC でデフォルトアプリケーションを作成してみたのだけれど、短時間ではなかなかこの仕組みを把握できない。

よって、なんとなくメモとしてここに全体像を書いていこうと思う。

調査

  • Microsoft Foundation Class - Wikipedia
  • MFCMicrosoft Foundation Class の略らしい
  • MFC では、 InitInstance に main 関数が隠蔽されており、オブジェクト指向の考え方としてとってもいい感じみたい
  • 多重継承を使用しないポリシーで作成されている
  • friend クラスが多用されているため、直交性が低いらしい
  • Win32 API の勉強になる
  • 比較的古い時代からあるフレームワークのため、 c++ に例外仕様がなかった時から作られているらしい。 そのため、一部の例外処理がマクロとのこと

プログラミングの話題 (arduino)

この間、電子部品を見に行ったら Wi-Fi モジュールがとっても安い値段で売られているのを発見した。

ちょうど、家のエアコンを遠隔操作したいと考えていたので、買ってしまった。

家の温度も履かれたらさらに便利かと思い、温度センサモジュールも買った。

ESP-WROOM-32 がWi-Fi モジュールで、安かったので衝動買いしてしまったが、このモジュール自体がマイコンとして使用できるらしい

来週あたりにでも、シリアル-USB モジュールを買おうと思う。

電子部品メモ

  • ESP-WROOM-32: Wi-Fiモジュール
  • SEN-11932: デジタル温度センサーモジュール
  • TXB0104: 3.3 V - 5.0 V